トラックを整備して燃費を良くしよう

【エンジンオイル】

エンジンオイルはエンジンに様々な働きをしてくれます。

潤滑・密封・冷却・洗浄・防錆

エンジンオイルは使用されるごとにオイルの粘度が増えて
結果としてエンジンの回転抵抗(フリクションロス)を増やすこととなります。
この状態で使用し続けることによってエンジン内部の磨耗が進んで
性能低下が起こることがあります。

オイル劣化の症状としては

●アクセルが重くなる
●ノイズが多くうるさくなる
●燃費が落ちる

【タイヤの空気圧】

空気圧  タイヤ空気圧が低下するとタイヤの転がり抵抗が増加して燃費悪化の
大きな要素となります。

※ 空気圧が20%低いと燃費は約3%低下します。 30%低下すると燃費が8.5%低下するとも言われています。

逆にタイヤの空気圧が高いと早期劣化や偏磨耗やバーストの原因となるなど多くの悪影響を及ぼしタイヤの寿命が短くなる恐れがあります。

日常点検の際に必ず空気圧チェックをしましょう

【エアコリーナー】
エアクリーナーの目詰まりがひどいと吸入空気量が少なくなり燃費、出力とも低下します。

※エアクリーナーの目詰まりを放置すると燃費は3~5%悪化します。