運送業 始業前点検の必要性

運送業に携わっている方は既知の事と思いますが道路運送車両法に以下の記載があります。

第四章 道路運送車両の点検及び整備

第四七条の二 自動車の使用者は、自動車の走行距離、運行時の状態等から
判断した適切な時期に、国土交通省令で定める技術上の基準により、
灯火装置の点灯、制動装置の作動その他の日常的に点検すべき事項について、目視等により自動車を点検しなければならない。

2 次条第一項第一号及び第二号に掲げる自動車の使用者又はこれらの自動車を運行する者は、前項の規定にかかわらず、
一日一回、その運行の開始前において、同項の規定による点検をしなければならない。

3 自動車の使用者は、前二項の規定による点検の結果、当該自動車が保安基準に適合しなくなるおそれがある状態又は適合しない状態にあるときは、保安基準に適合しなくなるおそれをなくするため、又は保安基準に適合させるために当該自動車について必要な整備をしなければならない。
(定期点検整備)

とあります。

運行開始前となっていますので「始業前点検は必ず行ないましょう!」という事です。

始業前点検を怠って警察に逮捕される事はありませんが、運行中に発覚した場合、運行停止命令を出されると荷物を運んでいる途中でもトラックを動かすことが出来なくなります。

また点検を行なっていない状態で事故などをおこした場合、最悪は事業所に対して事業停止命令が出ることもあります。

つまり本人だけではなく一緒に働いている仲間も一瞬にして無職になってしまいます。

確かに毎日の事なので面倒くさい! 今日くらい見なくても大丈夫!

なんて思ってしまう気持ちも分からないでもありません

しかし・・・・

怠けた報いが自分だけではなく周囲も巻き込んでしまうのであれば

必ずやらなければならないのでは?

トラックで家族を養っている人もいます。
一生懸命頑張ってる人を自分のほんのちょっとの面倒くさいで仕事を失わせるわけにはいかないはず!

また、もし同僚で始業点検を怠っている人間がいたら必ず声をかけましょう!

今日も一日安全運転で♪